教育測定の社会史 田中寛一を中心に

編著者 江口 潔 著
ジャンル 教育一般
判型・ページ数 A5判・317ページ
ISBN 9784860890278
定 価 本体4,700円+税
購 入
内容
明治、大正、昭和の時代を通して、様々な誤解があった一般的な心理学に対して、理論的心理学から実験的心理学への転換により、心理学の科学科を追求した田中寛一の研究を中心に紹介している。
目次
  • 第一部 教育研究の科学化と教育の能率化
     第一章 心理学の科学化と教育研究
     第二章 能率研究の展開
     第三章 教育における能率研究
  • 第二部 教育測定研究の受容と展開
     第一章 『教育的測定学』の特色
     第二章 メンタルテストの改良から学科試験の改良へ
     第三章 教育測定研究の実際
  • 第三部 人的資源の配分と育成
     第一章 諸民族の比較研究の展開
     第二章 人材配分と職業指導
     第三章 教育相談活動の拡大と心理学研究
     第四章 戦後の教育における教育測定研究