前のページへ 次へ
 
タイトル
先生とお母さんのための だれでもできる!
発達障害のある子のための指導法 −Q&Aと実践編−
著者
樋浦 伸司 佐藤 順−
定価
本体2、700円+税
判型
A5判
ページ数
260ページ
内容
発達障害児への“だれでもできる指導法”を、学校での学習場面を中心にQ&A方式と実践編で紹介しています。 Q&Aは、「場と状況、状態」ごとに分類。わかりやすいイラスト付きです。 実践編は、発達障害の中でも高機能自閉症・ADHD・LD児のための具体的でピンポイントな指導として、「ルールブック(ソーシャルスキルノート) による指導」「シールによる指導」を、 実際に使用したノートなどを紹介しながら、誰でもすぐに実践できるように解説しています。
目次

1、特別な配慮を要する児童生徒への対応例 Q&A
○学習指導他 ○朝会、集会、学習発表会、教室移動  ○隣の席、グループ等
○ 校外学習等  ○評価等  ○学習指導 ○家庭での対応 ○教室環境
2、特別な配慮を要する児童生徒への対応例 実践編
○ルールブック(ソーシャルスキルノート)による指導  ○シールによる指導
○読み書き困難への指導

ご注文はここをクリック
 
   
 
タイトル
インクルーシブ教育とコーディネーターの仕事
−イギリスにおける特別ニーズ教育コーディネーターの役割と機能−
著者
Elizabeth Cowne
共訳
清水 貞夫 渡辺 正俊
定価
本体2、800円+税
判型
B5判
ページ数
192ページ
内容

日本の特別支援教育の構想の基となった、イギリスの特別なニーズ教育について、概念や価値体系を解説している。日本で新しく特別支援教育コーディネーターに指名された先生方の参考書として最適です。

目次
第1章 SENの判定とそのジレンマ:立法と歴史的な視点から
第2章 SENのための役割と責任
第3章 発見と教育的介入:個別教育計画の作成
第4章 カリキュラム:インクルーシブなカリキュラムの立案
第5章 カリキュラム:各キーステージにおける課題
第6章 サポートの効果的な運用
第7章 専門家のネットワーク
第8章 移行期におけるパートナーシップ
第9章 書類作成と手続きの管理:調整者としての役割
第10章 いろいろな人々との協働:相談者としての役割
第11章 インクルーシブ教育の実践に向けての協働
ご注文はここをクリック
 
 
タイトル
特別支援教育の展開
−インクルージョン(共生)を目指す長い旅路−
著者
山口 薫
発行
文教資料協会
定価
本体1、500円+税
判型
A5判
ページ数
128ページ
内容

著者が「IEP JAPAN」に連載した論文とマンチェスター大学ピーター・ミットラー教授が日本で行った講演「インクルージョン教育の新展開」をまとめたものである。特殊教育から特別支援教育への変革の過程を総括するとともに、インクルージョン教育の国際的動向に基づいて特別支援教育の今後を展望した。

ご注文はここをクリック
 
 
タイトル
知的・発達障害児の学習
心理と指導支援−
編著
梅谷 忠勇
定価
本体2、500円+税
判型
A5判
ページ数
255ページ
内容

第1部は、知的障害を中心とした発達障害児(者)の学習過程の基礎的特徴とその支援をめぐって、主に心理・行動的側面から解説。
第2部は、現在わが国で推進されている「特別支援教育」の教育制度や課程と知的・発達障害教育について論述し、自閉性障害を併せ持つケ−スを含めた知的障害児、自閉症等の発達障害児の学習指導、行動支援、療育支援の具体的な実践例について解説。
知的・発達障害児(者)の学習の過程と指導支援にかんする基礎研究や、現在わが国で推進されている特別支援教育体制のなかでの教育実践を、実際に研究している大学、研究所の基礎研究者、特別支援学校・特別支援学級で子どもの指導支援に携わっている教育実践者が執筆。
知的・発達障害児(者)の自立と社会参加をめざして学習指導を通した生涯発達支援にこれから携わろうとしている人・携わっている人たちの子ども理解と指導支援の一助になる書。

ご注文はここをクリック
   
前のページへ 次へ
田研出版株式会社の書籍・各種検査に関するお問い合わせは、webmaster@taken.co.jp まで。
Copyright © 2003 TAKEN Publishing,TOKYO. All Rights Reserved.