TK式SACD 進路適性自己診断検査

著 者 田中教育研究所 編
野々村 新
加賀 秀夫 共著
適用範囲 高校生
1~3年生
実施時間 2学校単位時間
価 格 定価…1,040円
(用紙…600円+診断料…440円)
実施要領…無料
利用手引…420円
目的

進路指導とは、個々の生徒の発達段階に応じて、その能力・適性等を伸ばし、自主的に望ましい進路を選択・決定させ、その後の職業生活で自己充実・自己実現ができるようにすることを目的とする教育活動です。言い換えれば、一人ひとりの生徒が一度きりの価値ある自分の人生をどのように生きるかという、「人生設計」に必要な進路設計(career planning)の能力や態度、価値観を育てることを助ける教育活動です。
進路適性自己診断検査(SACD)は、この観点から進路指導をとらえ、一人ひとりの生徒の個性に応じた進路指導が実践できるような基礎資料を提供することを目的として作成された検査です。すなわち、生徒が自己の適性、能力、興味、性格、価値観等を自ら発見し、それらを進路と関連させて的確に理解、評価して、自己にもっともふさわしい進路を選択・決定できるよう援助することにこの検査の目的があります。

特徴
進路調査+適性能力検査 実施CD付
進路に対する意識や興味、性格や職業価値観などの調査だけでなく、基礎的な適性能力検査も含めた進路適性検査です。進路の選択・決定に役立つ情報・資料を提供します。
事前指導から結果の活用までが網羅されている『生徒用ガイドブック』付
『生徒用ガイドブック』を使って、事前学習や検査結果を使ったワークが行えます。進学希望者へのアドバイスや『職業』『資格・検定』についての情報を掲載しています。
1校時でも実施ができる
第1部の進路調査は、生徒に調査用紙を自宅に持ち帰らせて、自宅で実施することもできます。その場合は第2部の適性能力検査のみ学校で実施してください。

※検査の仕様は予告なく変更される場合がございます。詳しくは検査見本、カタログをご確認ください。